コーヒーと発毛

コーヒーと発毛

コーヒーと発毛の関係を考えて見ましょう。

コーヒーを好んで飲んでいる人は多いと思いますが、コーヒーでまず連想されるのはカフェインだと思います。これは一般に体によくないというイメージがありますが、毎日10杯以上飲み続ける人でない限りは、カフェイン中毒になることはまずないので、ほとんど心配は要りません。 

コーヒーは、トータルで体に良い効果をもたらしてくる飲み物と言えます。

カフェインには脂肪を分解する効果があります。これによって新陳代謝が促されていきます。また、集中力を高めていく効果もあります。さらに、血液の循環を促す作用もあるようで、朝目覚めに1杯飲むと血のめぐりがよくなると言われています。

さらに、善玉コレステロールを増加する働きもありますので、動脈硬化にも効果的と言われています。また、肝臓や腎臓の働きも活発になり、二日酔いにも効果があります。
コーヒーは毛細血管を広げる効果があり、これによって血の流れが良くなります。血の流れが良くなって、毛根にまで栄養が届くようになると、当然、発毛が促されていきます。


コーヒーと発毛

コーヒー1杯で、およそ2時間程度の効果が期待できるといわれていて、血圧の低い方は、朝にコーヒーを飲むのがよいとされています。
もう一つ、コーヒーを飲む効果だけではなく、香りの効果にも少し触れておきましょう。コーヒーの香りには、300を越える抗酸化作用をもつ物質が含まれていて、リラックス効果をもたらします。緊張がほぐれると、血液の流れが良くなるのです。

このように、コーヒーは意外と、発毛を助ける効果を持っています。



ナノ化されている製品が良い

育毛剤なんて全部一緒だと思っていたのですが、少なくとも価格の違いはあるワケです。

ただ有効成分が配合されていると言っただけでは粒子が大きいため、どんなに付けても頭皮の奥まで入り込みづらいとの説があります。充分に有効成分を浸透させるようにするには、ナノ化されている製品が良いと考えられます。市販の育毛剤に入っている添加物は何種類かありますが、繊細な頭皮に悪影響を与える畏れのある成分がないとは言い切れません。



例えば、プロピレングリコールは男性の脱毛症状に有効なミノキシジルを混ぜるときに用いられる成分です。
このプロピレングリコールが副作用を起こして、頭皮にかゆみが出てしまったケースがあるため、気を付けなくてはいけません。育毛剤には、多彩な製品が存在します。



髪の毛に負担をかけないで髪を育てたい場合は、アルコールが使用されていない育毛剤を用いることがベストです。育毛剤にアルコールが配合されていたら、頭皮や髪に良くない影響をもたらします。
育毛剤を塗って頭皮マッサージを行なうと、育毛剤の育毛促進を働聞かける成分が頭皮の奥まで効いていきます。



毎日こつこつと継続している間に、頭皮の活発な新陳代謝(古い細胞と新しい細胞が入れ替わることなどをいいます)を促します。


髪の育成に重要なはたらきをする成分が全体に行き届いて、髪が力強く生えてくるのです。
育毛剤の使用に最も効果があると予想されるタイミングは夜、髪を洗った後です。そもそも、一日にどれだけ使用するのかはそれぞれの育毛剤で違いがありますので、もっと詳しくしりたい時は、外箱や説明書をきちんと読むことを御勧めします。
自分勝手な判断で使用すると、効果を充分に発揮することができなくなる場合もあるでしょう。近頃では、少しずつ薄毛治療と言ったものが普及してきているため、薄毛の治療をうけた後で購入すると、自分にとって効きめのある育毛剤がわかるかも知れないのです。


それから、人間の毛髪には毛周期と言ったものがあり、脱毛してから新しい髪の毛が生えてくるまでに、およそ1カ月ぐらいの期間を要します。そのため、育毛剤を使用したからといって、すぐに効きめが現れるワケではありません。


育毛剤のプランテルは、M字ハゲにコンプレックス(人それぞれ、意外なことに劣等感を感じているものです)を抱えている人に合っています。

しっかりと育毛を促す成分が入っているので、続けて用いることで少しずつ効果を感じ取ることが出来ます。



髪を育てるだけでなく、フケ、かゆみを抑えるのにも繋がるでしょう。

育毛剤は頭皮に影響のない天然成分のものを使用したいものです。人工的につくられた成分の中には、かゆみなどの副作用が出る畏れのある添加物がふくまれていることがあります。
一方で、天然成分の育毛剤であればソフトに効いて、安全性も高いため、安心して使えます。