喫煙・飲酒と発毛

喫煙・飲酒と発毛

「酒は百薬の長」昔からいわれていますように、適量のお酒は動脈硬化を防ぎ、善玉コレステロール値を上げていく効果があると言われています。適量とは具体的にどのくらいの量かと言うと、日本酒などの場合は、1日1〜2合ぐらいと言われています。

お酒は適量を守ってさえいれば体にいいものですが、抜け毛や薄毛改善、発毛・育毛促進に対しては果たして効果があるのでしょうか。日本酒には「α-グルコシルグリセロール(α-GG)」というものが含まれているそうです。これが胃に刺激をあたえることによって、髪の毛を生やす効果が大きい体内物質「IGF-I」を増やす効果に繋がると言われています。ただ、飲む量が適量を超してしまうと、逆に飲酒は発毛の妨げになってしまいますので、必要以上の飲酒は禁物です。   


脱毛の原因

一方、喫煙の方は「百害あって一利なし」と言われているように、発毛にも良くありません。タバコを吸うことで血流を悪くしたり、ビタミンCが欠乏したりしてしまうからです。ビタミンCは、ストレスを減少させる副腎皮質ホルモンを分泌させる働きがありますが、その効果が減少してストレスに対抗できなくなり、脱毛の原因につながってしまいます。

また、タバコに含まれているニコチンは、血流を阻害する恐れがありますから、その分、頭皮や髪の毛に行く栄養素が行きにくくなります。 アメリカハーバード大学の調査では、喫煙すると男性ホルモンが増加するという報告もあります。男性ホルモンの中には、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というAGAの原因となるものが含まれています。この分泌量が多くなればなるほど、薄毛になりやすいというのです。



実際に使用してみないと効果がわからない

育毛剤には個人個人で合うものと合わないものがあり、使用する育毛剤の種類においても、効果が変わります。と言うことで、実際に使用してみないと効果が得られるかどうかわからないというのが本音です。



でも、使わないでいるよりも使った方が、改善の可能性が高くなるので、トライしてみても良いでしょう。
育毛剤の利用後は薬剤の浸透と血行促進指せるために頭皮のマッサージをした方がいいと取説にも記されていることが多いですが、グイグイと力を入れるのではなく、ソフトにマッサージするというのが大事なのです。力任せにし過ぎると頭皮を痛めることもあり、裏目になってしまう可能性もあります。

育毛剤なんて全部同じだと思い込んでいましたが、少なくとも価格のちがいはある訳です。普通に有効成分が含まれているというだけだとその通りでは粒子がでかすぎて、なかなか頭皮の奥まで入り込みにくいといわれているのです。有効成分をきちんと入り込ませるためには、ナノ化されている育毛剤がお薦めです。育毛剤のプランテルは、M字ハゲに悩みを持つ方に向いております。きちんと育毛を促進する成分が配合されていますので、継続して使っていくことで少しずつ効果を感じ取ることができるはずです。
育毛効果もさることながら、かゆみやフケを防ぐのに持つながります。育毛剤のチャップアップはとても評判が良くて多くの男の人が利用しているのです。

ただ体質や頭皮に合わないため、十分な育毛の効果が感じられない方もいるそうです。そんな場合はいつでもチャップアップの解約が出来るはずです。無理に引き止めることなどは一切ないので、安心して利用できるでしょう。近年、薄毛治療という方法が存在するので、それをうけた後で購入することで、自身にとって有効な育毛剤がわかるかもしれないのです。また、人間の髪には毛周期というものが存在し、抜けてから新しい毛髪が生えてくるまでに、約1カ月の期間を要します。
そのため、育毛剤を使ったからといって、即、効果が期待できる訳ではないのです。

チャップアップは髪を乾燥指せてから、頭部に全体的に吹聴かけるように塗布するのです。


その後には、頭部の血行促進のためによく浸透指せるつもりで、マッサージをしていきます。

しっかりやることで頭が温かくなったように感じ、血行がよくなったと言うことを実感できるでしょう。

育毛剤には、色々な商品が製造されていますよね。



でも、それらは一体どういう判断で手に取ればいいんでしょうか?やはり、最も重要なのは、どういった考えで選ぶのかと言う事なんです。薄毛になる主要というのはすべての人が同じではなく、色々とあります。その原因を改善すれば、育毛が増進するので、自身がどの症状であるのかをしるが大切です。